化学工学会とは
TOP > 主催行事 > 2013年度の主催行事 > 第94回講演見学会 「電力貯蔵用NAS電池 ~実用化例と将来展望~」

第94回講演見学会 「電力貯蔵用NAS電池 ~実用化例と将来展望~」

  • 日程:1月30日(木)
  • 会場:日本ガイシ株式会社

主催・協賛

主催 公益社団法人 化学工学会東海支部
協賛(予定) 静岡化学工学懇話会、電気学会東海支部、東海化学工業会、電気化学会東海支部、日本セラミックス協会東海支部、触媒学会西日本支部、エネルギー・資源学会

概要

NAS電池(NAS:ナトリウム・硫黄)は「電気はためられない」という常識をくつがえしたメガワット級の大規模電力貯蔵システムです。高度なセラミック技術と製造技術を結集し、2002年に世界で初めて商用レベルでの実用化に成功しました。電力需要の少ない夜間に充電し、昼間のピーク時に放電することで最大電力使用量を削減でき、停電や瞬時電圧低下への対策として非常用電源の機能も付加できます。気象に左右されるため不安定な風力発電や太陽光発電では、いったんNAS電池に充電してから放電することで出力を安定化できるため、再生可能エネルギーの普及やスマートグリッド(次世代送電網)の構築に不可欠な蓄電池として世界の注目を集めています。本講演見学会では、NaS電池及び同電力貯蔵システムの技術背景、実用化例とその効果、将来展望などについて概説いただくとともに、工場内に設置してある電池を見学していただきます。

詳細

■主催    公益社団法人 化学工学会東海支部

■日時    2014年1月30日(木) 14:00~17:00

■場所    日本ガイシ株式会社
愛知県名古屋市瑞穂区須田町2番56号
http://www.ngk.co.jp/


スケジュール

14:00         日本ガイシ株式会社 本社 1Fホール集合<BR>
金山駅から「タクシーで約5分」<BR>
「市バスで約5分(金山15系統:熱田プール下車)」<BR>
14:10~15:30    講演 「電力貯蔵用NAS電池 ~実用化例と将来展望~」
日本ガイシ株式会社 電力事業本部 NAS事業部 設計部長
玉越 富夫 氏
15:30~16:30  本社工場内NAS電池見学
16:30~16:50  質疑応答
17:00 解散


参加概要

■定員 30名(定員になり次第締め切ります)
(同業の方はお断りすることがあります)

申し込み締め切り  2014年1月23日(木) 
参加費 (消費税を含む)
化学工学会会員及び協賛団体会員:1,000円,会員外:2,000円
会費は現地にてお支払いお願いします。(領収書を発行いたします)。

お申し込みについて

「第94回講演見学会 「電力貯蔵用NAS電池 ~実用化例と将来展望~」」へのお申し込み受付は締め切らせて頂きました。

たくさんのお申し込みありがとうございました。

↑ページの先頭へ