化学工学会とは
TOP > 東海支部について

東海支部について

目的

本支部は、東海地区(愛知、岐阜、三重、静岡、長野)において、化学工学に関する学術と技術の進展と知識の普及を図り、併せて会員相互の親交を深めることを目的としています。

会員

東海地区(愛知、岐阜、三重、静岡、長野)に在住、あるいは勤務する会員から成ります。

2021-2022年度
支 部 長 福 原 長 寿 (静岡大学 学術院 工学領域 教授)
副支部長 石 羽 恭 (三菱ケミカル株式会社)
上 宮 成 之 (岐阜大学)

活動内容

講習会、講演会、セミナー、見学会、技術相談、ChET(若手の会)、未来の化学工学を考える会、 など年間を通して多数の行事を開催しています。 静岡地区では、静岡化学工学懇話会と連携して活動をしています。

資料

・歴代支部長・副支部長リスト  支部長・副支部長経験者リスト

↑ページの先頭へ