化学工学会とは
TOP > ご挨拶

ご挨拶

田川氏 このたび平成29年度・30年度の東海支部長を拝命いたしました田川智彦でございます。東海支部を代表いたしまして、ひとことご挨拶申し上げます。

東海支部は1953年に開設され、まもなく設立65周年を迎えます。私もこの約半分の期間を支部の役員として過ごしました。多くの先輩たちから教えを受け、多くの仲間たちと活動してきた日々を思うとき、支部の歴史の重みを再認識するとともに、支部をお預かりする重責をひしひしと感じております。これまでの伝統を大切にしつつ、新たな取り組みにチャレンジすることで、東海支部のさらなる発展に尽力してまいりたいと存じます。 化学工学のあり方自体も大きく変貌を遂げています。化学工学会全体としてビジョンを策定し、未来の学会の姿を描きながら活動を続けています。東海支部も日本のものづくりの集積地であるこの中部圏・東海地区の地域的な特色を活かし、将来の発展を見据えた活動を展開してまいりたいと存じます。

東海支部主催の様々な行事、第41回「基礎化学工学演習講座」や第51回「化学工学の進歩講習会」をはじめ、新たに加わった「初歩からの化学工学概論・演習講座」ならびに「初歩からの化学工学数学講座」、「機器分析講習会」や「中高教諭とケミカルエンジニア交流のための見学講演会」、さらには各地域に密着した「静岡化学工学懇話会」や「三重・信州コロキウム」、第101回「講演見学会」等々につきましても常に新しい工夫を凝らしながら、技術シーズ・ニーズ発掘/発展、産業ネットワークの構築、産学連携、若手技術者・研究者の活動支援や人材育成を推し進めていきたい所存です。

平成29年度は、第49回秋季大会がひさしぶりに名古屋大学で開催されます。他の支部や部会との交流・連携も深めながら、会員が有用に活用できる場を、更には他の学会・協会との連携も含めて、会員各位が交流と絆を深める場を提供していきたいと考えております。

是非、化学工学会東海支部の行事に集い、ネットワークを広げ、さらには自己の成長の糧となるよう支部ならびに支部活動をご活用いただけますよう、心より祈念いたします。

平成29-30年度
公益社団法人化学工学会
東海支部長 田川 智彦 (国立高等専門学校機構 豊田工業高等専門学校 学校長)

↑ページの先頭へ