化学工学会とは
TOP > 共催・協賛行事 > 2021年度の共催・協賛行事 > 日本油化学会東海支部 油化学セミナー2021「油脂及び界面の分析・イメージングの最前線」

日本油化学会東海支部 油化学セミナー2021「油脂及び界面の分析・イメージングの最前線」

  • 日程:6月10日13:00~17:25
  • 会場:オンライン開催

概要:物質の特性は表面・界面の状態によって大きく左右されることから、その分析・観察方法の研究開発が日々進められています。本セミナーでは油脂及び界面の分析・イメージング分野で活躍されている先生に最先端の成果を分かりやすく講演していただきます。「観て分かる」ことの楽しさ・大切さを感じて下さい。

本年は、コロナ禍の状況を鑑み、オンラインでの開催となります。遠方の方でも参加し易くなっておりますので、多数の皆様のご参加をお待ちしております。

 

主催:公益社団法人 日本油化学会 東海支部

協賛:化学工学会(東海支部)、高分子学会(東海支部)、色材協会(中部支部)、電気化学会(東海支部)、東海化学工業会、日本化学会(東海支部)
日本原子力学会(中部支部)、日本接着学会(中部支部)、日本セラミックス協会(東海支部)、日本分析化学会(中部支部)、表面技術協会(中部支部)、有機合成化学協会(東海支部)

日時:2021年6月10日(木)13:00~17:25

場所:オンライン開催(Zoom予定)

プログラム(講師・演題)

13:00~13:05 開会挨拶 片山詔久(名古屋市立大学)
13:05~14:05 (招待講演)近畿大学 財満信宏氏

「質量分析イメージングで脂質を見る-脂質生物学への応用例と実際-」
14:10~15:10 (招待講演)株式会社東ソー分析センター 高取永一氏

「油脂・界面・表面・界面活性剤の物性分析」
15:15~16:15 (招待講演)三重大学 鳥飼直也氏

「量子ビームをプローブとする散乱法を利用した複合高分子材料の凝集・界面ナノ構造解析」
16:20~17:20 (招待講演)産業技術総合研究所 小椋俊彦氏

「走査電子誘電率顕微鏡の開発と溶液試料のナノレベル観察」
17:20~17:25 閉会挨拶 伊藤芳郎(中京油脂)
 

参加費:普通会員・法人会員・協賛団体会員:10,000円、学校・官公庁:5,000円、非会員:14,000円
(事前振込のみですのでご注意ください)

申込方法:合同事務局ホームページ(http://c-goudou.org/ )よりお申込みください。「行事予定」または「行事案内」から本セミナーの案内に入り、「申込方法」の参加申し込みフォームをクリックし、必要事項をご記入ください。

連絡先:〒460-0011 名古屋市中区大須一丁目35-18 中部科学技術センター内

日本油化学会 東海支部 TEL 052-231-3070 FAX 052-204-1469

振込先:みずほ銀行名古屋支店普通預金口座 No.1103542 公益社団法人日本油化学会東海支部

申込締切:2021年4月1日(木)より先着順(定員に達した時点で募集を打ち切らせていただきます)

定  員:100名

↑ページの先頭へ