化学工学会とは
TOP > 主催行事 > 31年度の主催行事 > 「第29回中高教諭とケミカルエンジニア交流のための見学講演会(名古屋市)」および「化学工学会東海支部 第105回講演見学会」合同見学会

「第29回中高教諭とケミカルエンジニア交流のための見学講演会(名古屋市)」および「化学工学会東海支部 第105回講演見学会」合同見学会

  • 日程:8月1日(木)13:00-16:45
  • 会場:東亞合成株式会社 名古屋工場

 化学と化学工学の接着~“くっつきたい気持ち”を応援したい!~

主催:化学工学会 人材育成センター未来人材育成委員会、化学工学会 東海支部

協賛:(予定)日本化学会東海支部、次世代化学教育研究会、化学教育支援システム事務局、東海化学工業会、 日本機械学会東海支部、日本接着学会中部支部、高分子学会東海支部、化学工学会グローバル テクノロジー委員会、静岡化学工学懇話会

後援:愛知県教育委員会、岐阜県教育委員会、三重県教育委員会

本企画は中高校生の教育に当たっておられる中学・高校の先生にモノづくりの現場を見学いただくとともに、会員の知識向上および見聞を広げることを目的に実施しています。今回は、東亞合成株式会社 名古屋工場にて身近にある接着剤がどうしてくっつくのかを知っていただきたいと考えております。中学・高校の先生には、工場見学や講演、大学の先生や産業界のエンジニアとの意見交換を通して、化学工学とは何かを知っていただき、日頃の教育の糧としてお役立て頂けます。奮ってご参加下さい。

日時:2019年8月1日(木) 13:00~16:45

場所:東亞合成株式会社 名古屋工場(名古屋市港区昭和町17番地の23)
TEL:052-611-9804  http://www.toagosei.co.jp/
(地図:http://www.toagosei.co.jp/company/position/office/map/factory_nagoya.html

集合場所:12:30 名鉄常滑線 大同町駅

参加費(税込):中学・高校教諭 無料、化学工学会および協賛団体会員 1,000円、会員外 2,000円
*交流会参加者は別途、中学・高校教諭 2,000円、その他の方 3,000円のご負担をお願いします。

スケジュール:
12:45~12:55 支部長挨拶と事務連絡
12:55~13:30 講演『化学工学とは?』および化学工学会と「化学 モノづくり動画」の紹介
13:30~14:30 講演『接着の基礎 ”くっつく”の科学的な意味』  岐阜大学大学院 高橋 紳矢 氏
14:30~15:30 工場見学『東亞合成(株)紹介及び見学』    生産技術研究所 所長 築城 利彦 氏
東亞合成(株)及び名古屋工場の簡単な説明
マイクロバス及び徒歩にて構内(電解工場及びアクリル工場を中心)を見学
15:30~15:40 休憩
15:40~16:30 講演『瞬間接着剤アロンアルフア®️の説明、実験』   製品研究所 大村 健人 氏
16:30~16:45 質疑応答。その後、現地解散
16:52~17:30 東亞合成(株) 名古屋工場から市バスにて金山総合駅へ移動
金山総合駅付近で交流会を行います。

募集定員:40名(定員になり次第締切)同業の方はお断りさせていただく場合があります。

申込締切:2019年7月22日(月)

参加者には参加証(メール)をお送りします。参加証は、当日印刷してご持参下さい。

問合せ先:公益社団法人 化学工学会東海支部
TEL:080-4525-3070

お申し込みについて

「「第29回中高教諭とケミカルエンジニア交流のための見学講演会(名古屋市)」および「化学工学会東海支部 第105回講演見学会」合同見学会」へのお申し込み受付は「2019年7月22日」に締め切らせて頂きました。

たくさんのお申し込みありがとうございました。

↑ページの先頭へ