化学工学会とは
TOP > 主催行事 > 29年度の主催行事 > 平成29年度 未来の化学工学を考える会(P&D委員会)P&Dセミナー

平成29年度 未来の化学工学を考える会(P&D委員会)P&Dセミナー

  • 日程:12月15日(金)14:30~18:00
  • 会場:名古屋工業大学3号館2階0321教室

P&D(Planning & development)委員会が主催する年1回の「P&Dセミナー」は,東海地区の化学工学に携わる産学官の若手~中堅の研究者,技術者が集まり,勉強会,情報交換,交流等を行う場となっています。昨年度は「パリ協定」を取り上げ,今年度は「マテリアルズ・インフォマティクス」をテーマにします。東海地区の「マテリアルズ・インフォマティクスに関する研究を行われている先生に講演して頂き,これからものづくりと,日本,そして化学工学者がなすべきことを学び,議論いたしましょう。今後の研究,技術開発の方向性を考え,まさに未来の化学工学を考えるためのキッカケとなれば幸いです。
参加にあたっては,P&D委員会委員である必要はなく,東海地区の若手である必要もありません。年齢制限もありません。開かれたセミナーですので,どなた様もふるってお申し込みください。P&D委員会は東海地区の大学の化工系若手・中堅教員を網羅していますので,化工系大学教員に質問がある方も是非気軽にご参加ください。

主  催:化学工学会東海支部・未来の化学工学を考える会(P&D委員会)

協  賛:日本化学会、触媒学会コンピューターの利用研究会
日本学術振興会 「マテリアル・インフォマティックスによるものづくりプラットフォーム
の戦略的構築」に関する先導的研究開発委員会

日  時:2017年12月15日(金)14:30~18:00

会  場:名古屋工業大学3号館2階0321教室
(〒466-8555 愛知県名古屋市昭和区御器所町)
アクセス:JR中央本線 鶴舞駅下車(名大病院口から東へ約400m)
     名古屋市営地下鉄鶴舞線 鶴舞駅下車(4番出口から東へ約500m)
     名古屋市営地下鉄桜通線 吹上駅下車(5番出口から西へ約900m)
     詳細はhttp://www.nitech.ac.jp/access/を参照

定  員:50名

参加費(税込):一般・学生:無料,意見交換会は別途実費(4000円程度を予定)。

申込締切:2017年12月13日(水)

申込方法:下記申込先に電子メールにてお願い致します。
メールタイトルを「P&Dセミナー参加申込」として,メール本文に,
①所属,②氏名,③連絡先Email,④連絡先TEL,⑤意見交換会の参加有無,をご明記下さい。

申 込 先:岐阜大学生命科学総合研究支援センター 近江 靖則
E-mail:oumi☆gifu-u.ac.jp TEL:058-293-2037 「☆」は「@」に読み替えて利用ください。
      
プログラム:
14:00~14:30 受付
14:30~14:40 自己紹介
14:40~15:40 「材料シミュレーションとインフォマティクス連携による蓄電池材料の探索」
(名工大・NIMS)中山将伸
15:40~16:40 「スペクトラムイメージ解析のための統計的機械学習」
(岐阜大・JSTさきがけ)志賀元紀
16:40~16:50 休憩
16:50~17:50 「鉄鋼材料開発における組織シミュレーションと機械学習の活用」
(名大院工・JSTさきがけ)塚田祐貴
17:50~18:00 フリーディスカッション
18:00~20:00 意見交換会(会場近くの店舗へ移動)

↑ページの先頭へ