化学工学会とは
TOP > 共催・協賛行事 > 29年度の共催・協賛行事 > 分離技術会 第13回東海地区分離技術講演会「化学プロセスにおけるICT/IoT関連技術の利活用」

分離技術会 第13回東海地区分離技術講演会「化学プロセスにおけるICT/IoT関連技術の利活用」

  • 日程:10月18日(水)13::30-16:30
  • 会場:高度部材イノベーションセンター

主催:分離技術会 

協賛:化学工学会東海支部,化学工学会分離プロセス部会
静岡化学工学懇話会,日本溶剤リサイクル工業会,石油学会東海支部
化学工学会産学官連携センターグローバルテクノロジー委員会

社会の様々な分野におけるICT(情報伝達技術)の効果的な利活用が不可欠であり,様々なモノがインターネットに接続され,それらのモノから得られるビッグデータを分析し有効活用するIoT/ビッグデータ時代に対応して,多様な分野でIoTサービスの創出が推進されています。
 本講演会では,化学プロセスにおけるICT/IoT関連技術の利活用に関して,大学・企業にてご活躍の方々からご講演をいただきます。
 皆様の多数のご参加をお待ちしております。

日 時 平成29年10月18日(水) 13:30~16:30
    (開場,受け付け開始 13:10)
場 所 高度部材イノベーションセンターホール
三重県四日市市塩浜町1-30 (近鉄塩浜駅から徒歩5分)
    電話 059-349-2205
http://www.miesc.or.jp/amic/access/index.htm

■プログラム
1.「分離プロセスのモデリング,設計,運転のためのデータ活用」
名古屋大学 物質プロセス工学専攻 川尻喜章氏
2.「製造現場向けデータ解析ソリューションについて」
三菱ケミカルエンジニアリング㈱ システムソリューション事業部 河野浩司氏
(休 憩)
3.「IoTの革新性と制御システムの将来像」
名古屋工業大学 社会工学科経営システム分野 浜口孝司氏
4.「サイバーフィジカルシステムのプラント操業への活用紹介と今後の展望」
横河電機㈱ IA-SS システム開発センター プロジェクト管理部 仲矢 実氏

■定員:40名
■参加費:4,000円 (消費税含む。当日徴収)
■申込方法:「第13回東海地区分離技術講演会」と題して,①氏名・②勤務先・③所属・④連絡先(TEL,e-mail)・
⑤懇親会の参加の有無を明記の上,FAXまたはE-mailにて10月6日(金)までに,下記までお申し込み下さい。
(ご提供いただいた個人情報は、本講演会の運営のみに利用させていただきます。)
■申込先:〒432-8561 静岡県浜松市中区城北3-5-1 分離技術会東海地区幹事会 事務局
     TEL&FAX: 053-478-1165, E-mail: okajima.izumi@shizuoka.ac.jp
■講演会終了後,講師を囲んで簡単な懇親会を行います。是非併せてご参加ください。(参加費は当日別途徴収します。)

↑ページの先頭へ