化学工学会とは
TOP > 未来の化学工学を考える会(P&D委員会)について

未来の化学工学を考える会(P&D委員会)について

目的

本会は、その活動を企画統括するP&D委員会と東海支部に限らず化学工学会会員に広く最新情報を提供するP&Dセミナーから構成されている。前者は、東海地区の化学工学を支える産・官・学の関係機関の実務者層の研究者ならびに技術者が参加する委員会であり、お互いの情報交換と技術・研究討論から研究ニーズを探るとともにシーズへ結び付け、化学工学の新たな展開を目指している。一方後者は、境界領域的な話題を取り上げ、それに携わっている研究者・技術者を講師としてお招きし、広く参加者を募って勉強会や議論を行うとともに、関係機関の施設紹介と見学を実施している。さらに、インターネットを利用した最新技術・研究情勢の委員への提供と相互情報交換のワーキンググループ活動によりホームページを作成し、会員に対して公開している。以上、本会の活動が、今後の東海地区における化学工学の振興に寄与できうるものになれば幸いである

会員

東海地区(愛知、岐阜、三重、静岡、長野)に在住、あるいは勤務する会員から成ります。

●未来の化学工学を考える会 代表 栗本 英和(名古屋大学)

P&D委員会 平成29-30年度
 委員長  近江 靖則  (岐阜大学)
 幹事 山本 徹也(名古屋大学) 町田 洋(名古屋大学)

活動内容

P&Dセミナーおよび関連行事を開催しています。

資料

・歴代P&D委員会委員長等リスト
平成 委員長 副委員長 庶務  会計 監査
 9 二井 晋(名古屋大学) 松岡辰郎(名古屋大学) 加藤禎人(名古屋工業大学) 青木伸浩
 10 二井 晋(名古屋大学) 安田啓司(名古屋大学) 加藤久也(愛知県工業技術センター) 青木伸浩
 11 前澤昭禮(静岡大学) 安田啓司(名古屋大学) 加藤久也(愛知県工業技術センター) 福井良夫(三菱化学)
 12 前澤昭禮(静岡大学) 小林敬幸(名古屋大学) 出口清一(名古屋大学) 出口清一(名古屋大学) 福井良夫(三菱化学)
加藤久也(愛知県工業技術センター)
 13 小林敬幸(名古屋大学) 加藤禎人(名古屋工業大学) 出口清一(名古屋大学) 出口清一(名古屋大学) 岡 良明(JSR)
14 松岡辰郎(名古屋大学) 加藤禎人(名古屋工業大学) 山田博史(名古屋大学) 山田博史(名古屋大学) 岡 良明(JSR)
15,16 山田博史(名古屋大学)
17,18 立元雄治(静岡大学) 小林 潤(名古屋大学)
19,20 西村 顕(三重大学) 窪田光宏(名古屋大学)
21,22 末原憲一郎(三重大学)
23,24 小林信介(名古屋大学)
25,26 窪田光宏(名古屋大学)
27,28 野中 寛(三重大学)
幹事 幹事
29,30 近江靖則(岐阜大学) 山本徹也(名古屋大学) 町田 洋(名古屋大学)
 

↑ページの先頭へ