化学工学会とは
TOP > 主催行事 > 26年度の主催行事 > 第2回信州コロキウム「地域の資源・エネルギーを活かす」

第2回信州コロキウム「地域の資源・エネルギーを活かす」

  • 日程:8月29日(金)
  • 会場:信州大学工学部長野(工学)キャンパス SASTec 3階会議室

共催(予定化学工学会環境部会, 化学工学会バイオ部会, 信州大学地域共同研究センター(CRC),信州大学産学官連携推進室, 信州大学環境・エネルギー材料科 学研究所, 地下水・地下熱資源強化活用研究会(AGREA),静岡化学工学懇話会,化学工学会産学官連携 センターグローバルテクノロジー委員会, 協賛(予定):東海化学工業会,日本化学会東海支部,日本油化学会東海支部,高分子学会東海支部, 電気化学会東海支部、日本水環境学会,水資源・環境学会,日本生物工学会,日本エネルギー学会,日 本地熱学会,ヒートポンプ・蓄熱センター

日時:平成26年8月29日(金)13:00~17:30
場所:信州大学工学部 長野(工学)キャンパス SASTec 3階会議室
http://www.shinshu-u.ac.jp/guidance/maps/map03.html
交通:JR長野駅東口より徒歩20分, バス8分

〔プログラム〕
13:00-13:10 開会のあいさつ             化学工学会東海支部 支部長 守富寛 氏
13:10-14:10 講演①「 耕作放棄地を活用したバイオマス活用プランの実証について -バイオガス発電長野モデルの提案-」 (信州大学工学部 教授)天野良彦 氏
14:10-15:10 講演②「 森林由来のエネルギーで循環型地域社会を -検証実験の結果から-」 (森と里の研究所)田内裕之 氏
15:10-15:25  休憩
15:25-16:25 講演③「 地下水を利用した次世代型空調について」 (信州大学工学部 特任教授)藤縄克之 氏
16:25-16:40 講演④「 信州大学国際科学イノベーション拠点(仮称)の省エネ・創エネ技術」 (信州大学繊維学部 教授)高橋伸英 氏
16:50-17:30 施設見学 地下水・地下熱利用ヒートポンプシステム 17:45-19:15 懇親会

募集人数: 60名(定員になり次第締め切り)
参 加 費(消費税込): 会員・一般 2000円, 学生(会員) 無料, 学生(非会員)500円
懇親会費(消費税込): 2000円

お申し込みについて

「第2回信州コロキウム「地域の資源・エネルギーを活かす」」へのお申し込み受付は「2014年8月29日」に締め切らせて頂きました。

たくさんのお申し込みありがとうございました。

↑ページの先頭へ