化学工学会とは
TOP > 主催行事 > 29年度の主催行事 > 化学工学会東海支部 第102回講演見学会「一貫製鐵所の環境対策 ~ゼロエミッションへの挑戦~」

化学工学会東海支部 第102回講演見学会「一貫製鐵所の環境対策 ~ゼロエミッションへの挑戦~」

  • 日程:平成30年1月31日(水)12:30-17:30
  • 会場:新日鉄住金株式会社名古屋製鐵所

新日鐵住金㈱名古屋製鐵所では、事業所全体として環境マネジメントに取り組んでおり、1996年3月には鉄鋼業界として世界で初めてISO14001を取得しております。所内では、プラスチック、ASR(自動車シュレッダーダスト)などのリサイクル事業に取り組むとともに、鉄の生産に伴って発生する鉄鋼スラグ、ダスト、スラッジなどの副生物の再利用技術にも力を入れております。
講演会では、製鐵所の排水スラッジの再利用などのゼロエミッション化技術をご紹介いたします。その後、一貫製鐵所の製造ラインをご見学いただきますが、副生物リサイクルを念頭に置いていただくことで、より深く製鐵所の製造現場をご理解いただけるものと考えております。
皆様のご参加をお待ちしております。

主 催:公益社団法人 化学工学会東海支部

日 時:2018年1月31日(水) 12:30~17:30

場 所:新日鐵住金㈱ 名古屋製鐵所(愛知県東海市東海町5-3)
http://www.nssmc.com/

集 合:12:30「JR名古屋駅太閤口バス停留所(噴水前)」

参加者には詳細をご連絡します
*現地集合希望者はその旨ご連絡ください。

スケジュール:
12:30~13:15 移動(JR名古屋駅~名古屋製鐵所)
13:20~13:30 ご挨拶
13:30~13:40 名古屋製鐵所のご紹介  DVD
13:45~14:15 技術講演
「一貫製鐵所ゼロエミッション化技術の開発・実用化」
~平成27年度 資源環境技術・システム表彰 経済産業大臣賞~
資源化推進部 資源化推進室 主査  加藤 達也 氏
14:15~14:30 休憩
14:30~16:20 所内見学
高炉マンテル(解体後の炉底部)→ 連続鋳造ライン
→ 熱間圧延ライン → 溶融亜鉛めっきライン
16:30~17:15 新日鐵住金㈱名古屋製鐵所よりJR名古屋駅へ移動

募集定員:40名(定員になり次第締切)

参 加 費(税込):1,000円

申込締切:2018年1月24日(水)

参加者には参加証(メール)をお送りします。
参加証は、当日印刷してご持参下さい。

お申し込みについて

「化学工学会東海支部 第102回講演見学会「一貫製鐵所の環境対策 ~ゼロエミッションへの挑戦~」」へのお申し込み受付は「2018年1月24日」に締め切らせて頂きました。

たくさんのお申し込みありがとうございました。

↑ページの先頭へ