化学工学会とは
TOP > 共催・協賛行事 > 29年度の共催・協賛行事 > 第8回 分離プロセス最新技術講座「固液分離工学 -粒子・流体系フロンティア分離技術-」

第8回 分離プロセス最新技術講座「固液分離工学 -粒子・流体系フロンティア分離技術-」

  • 日程:平成29年9月29日(金)10:30-16:10
  • 会場:名古屋大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー(VBL)

主催 化学工学会分離プロセス部会

共催 世界濾過工学会日本会, 化学工学会東海支部, グローバルテクノロジー委員会,静岡化学工学懇話会,東海化学工業会, 分離技術会, 食品膜・分離技術研究会, 粉体工学会(予定)

講座の趣旨
一般に製造部門は非常に多くのプロセスから成り立っていますが,それらの中で分離プロセスは製品のコストや性能を支配する重要なプロセスとして位置づけられます。化学工学会分離プロセス部会では,この重要な分離プロセス分野の第一線で活躍されている研究者・技術者を講師に迎え,分離プロセスの最新技術を平易に解説する「分離プロセス最新技術講座」を開催しております。技術者のリフレッシュ教育,新入社員教育等にお役立て下さい。
第8回分離プロセス最新技術講座では,固液分離工学を取り上げます。最近の基礎技術の発展と,それらを基に現在芽生えつつある新たな技術の展開について,また,これら技術の適用が要となる分野における実例と将来展望について,できるだけ平易に解説します。

日時・場所
平成29年9月29日(金)10:30~16:10
名古屋大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー(VBL)3F(名古屋市千種区不老町)
地下鉄名城線「名古屋大学」駅下車,③番出口より徒歩5分

講座の内容

濾過・膜濾過技術の展開   10:30~11:30    名古屋大学     入谷英司氏
 廃水処理における粒子・流体系分離技術   11:40~12:40     愛媛大学       川崎健二氏
 粒子・液体系分離における遠心沈降機を中心とした応用技術   14:00~15:00    三菱化工機     河端敏夫氏
 環境調和型濾過技術   15:10~16:10     三進製作所     北川富則氏
 
  • 定員 38名(定員になり次第締切)参加費(テキスト代・消費税を含む)
    会員, 共催・協賛団体会員            10,000円
    法人会員会社社員                  13,000円
    学生会員                             3,000円
    会員外                              20,000円申し込み方法
    1.氏名, 2. 会員資格, 3. 勤務先, 4. 連絡先住所, 5. TEL or FAX番号, e-mailアドレスを参加申込書にご記入の上、
    下記申し込み先まで(e-mail, 郵送またはFAXにて)お申し込み下さい。送金方法
    銀行振込:三井住友銀行 本山支店 普通預金 No.6568814
    固液分離研究会 代表者 入谷英司
    コエキブンリケンキュウカイ ダイヒョウシャ イリタニエイジ申し込み先・問い合わせ先
    化学工学会固液分離分科会事務局 片桐
    〒464-8603 名古屋市千種区不老町 名古屋大学大学院工学研究科化学システム工学専攻内
    E-mail: roka☆nuce.nagoya-u.ac.jp,TEL: 052-789-3373,FAX: 052-789-4531

    「☆」は「@」に読み替えて送信下さい。

↑ページの先頭へ