化学工学会とは
TOP > 主催行事 > 28年度の主催行事 > 第8回製剤技術講習会「医薬品包装の特性と機械技術」

第8回製剤技術講習会「医薬品包装の特性と機械技術」

  • 日程:11月18日(金)10:00-19:00
  • 会場:名古屋工業大学 4号館 ホール

主催 化学工学会東海支部

協賛   ISPE日本本部、日本PDA製薬学会、製剤機械技術学会

本講習会は製薬企業の社員教育の一環として利用できるように企画しております。本シリーズでは、固形製剤や無菌製剤の製造技術、品質評価などをテーマに講習会を開催してまいりました。今回は「医薬品包装の特性と機械技術」というテーマで開催いたします。医薬品の包装に求められる要件や、それを達成するための実際の包装機械や技術について、講師の方々が分かり易く解説いたします。 なお、従来は講習会と工場見学をセットで企画してきましたが、今回はテーマの関係上、座学とさせて頂きます。 講習会後には、参加者や講師の皆様と交流を深めていただけるよう、親交の場を設けております。皆様の参加を心よりお待ちいたします。

期日 平成28年11月18日(金)10:00~19:00

会場 名古屋工業大学 4号館 ホール(名古屋市昭和区御器所町) http://www.nitech.ac.jp/access/campusmap.html

プログラム

10:00-10:10 ご挨拶 化学工学会東海支部
10:10-11:10 医薬品の包装開発-顧客ニーズの具現化- エーザイ株式会社 吉田 匡宏 氏
11:10-12:10 ユーザーが求める医薬品包装‐小箱を中心に‐ 朝日印刷(株) 森田 誠 氏
12:10-13:00 昼食
13:00-14:00 固形製剤における各国の包装形態と潮流 大森機械工業(株) 大倉 敏夫 氏
14:00-15:00 包装技術の基礎と将来への取組み CKD株式会社 森尾 和人 氏
15:00-15:10 休憩
15:10-16:10 医療現場・患者に求められる医薬品ラベル (株)岩田レーベル 三輪田 徹 氏
16:10-17:10 インクジェット式錠剤印刷機の進化 フロイント産業(株) 今井 聖 氏
17:10-17:20 総合質疑 東海支部(司会)
17:30-19:00 交流会 名工大内施設
募集定員 80名(定員になり次第締切)

受講料(配布資料、交流会費、消費税を含む)
 化学工学会 正会員・法人会員会社社員  18,000円
 協賛団体会員 個人・法人会員会社社員  20,000円
 学生会員   9,000円
 非会員   25,000円
 

お申し込みについて

「第8回製剤技術講習会「医薬品包装の特性と機械技術」」へのお申し込み受付は「2016年11月17日」に締め切らせて頂きました。

たくさんのお申し込みありがとうございました。

↑ページの先頭へ