化学工学会とは
TOP > 主催行事 > 28年度の主催行事 > 第40回基礎化学工学演習講座 第2コース1日単位でのお申し込み

第40回基礎化学工学演習講座 第2コース1日単位でのお申し込み

  • 日程:7月6-8日(水-金)9:15-16:45
  • 会場:名古屋市工業研究所

主催 (公社)化学工学会東海支部
共催    静岡化学工学懇話会,(公財)中部科学技術センター,東海化学工業会,粉体工学会, (公社)日本分析化学会中部支部,(公社)日本化学会東海支部,(一社)資源・素材学会,(公社)高分子学会東海支部,(一社)日本原子力学会中部支部,(一社)廃棄物資源循環学会,日本溶剤リサイクル工業会,日本機械学会東海支部,(一社)日本エネルギー学会,(一社)日本鉄鋼協会東海支部,(公社)化学工学会産学官連携センターグローバルテクノロジー委員会
協賛  名古屋市工業研究所,(公財)名古屋産業振興公社,(公社)日本水環境学会

毎年,6月化学工学会東海支部では 基礎化学工学演習講座として,化学工学の基礎を学べる講習会を開催しています.
化学工学の基礎をなす,単位,収支,流動,伝熱を中心とする第1コースと,化学工学の代表的な操作を学ぶ第2コースを開催しています.
本年は第2コースとしてガス吸収・膜分離,粉粒体操作,プロセス制御を3日間にわたり設けておりますが,4月末現在,第2コースに空き席がございます.
そこでこの度,昨年(平成27年)までに本講座の第1コースを受講された方に限り,特別に第2コースを1日単位でお申込みいただけるように配慮いたしました.1つの単位のみ受講されたい方に最適です.テキストには,本会編「改訂第3版 化学工学-解説と演習-」(朝倉書店)を使用します.テキストをすでにお手持ちの方は持参ください.
たくさんの方のお申し込みをお待ちしております.
なお,1日単位で受講された方にも修了証書を発行致します.

日 時 第2コース 7月6日~7月8日(水~金) 9:15~16:45

会 場 名古屋市工業研究所 第1会議室 但し,7月6日のみ第2会議室
(名古屋市熱田区六番3-4-41  Tel. 052-661-3161)

交 通 地下鉄名港線(金山から名古屋港行)六番町下車,③番出口より徒歩1分

定 員 各日 60名(定員になり次第締切)
・企業向けの講座ですが,学生が受講されても構いません.ただし,定員を超えた際には企業 の方を優先させていただきます.

参加費(消費税を含む)

★昨年(平成27年)までに第1コースを受講された方に限る

参加日数 第2コース(1日単位)テキスト付*

第2コース(1日単位)

テキストなし

 正会員  10,000円  7,500円
 法人会員会社社員  15,000円  10,000円
 会員外  30,000円  20,000円
 学 生  5,000円  5,000円
*共催・協賛団体会員も本会会員価格に準じます.
*テキスト「改訂第3版 化学工学-解説と演習-」化学工学会監修(朝倉書店)

プログラム
第2コース 第1日
7月6日(水)
9:15~12:30 ガス吸収・膜分離 気液平衡,吸収,膜分離 名古屋工業大学
南雲 亮氏
13:30~16:45 吸収装置の設計と実際 東亞合成㈱
鈴木日和氏
第2日
7月7日(木)
9:15~12:30 粉粒体操作 粒子・粉体層の性質,粒子生成 名古屋大学
向井康人氏
13:30~16:45 粉粒体装置の設計と実際 新東工業㈱
鈴木 崇氏
第3日
7月8日(金)
9:15~12:30 プロセス制御 プロセスと制御,動特性,過渡応答,周波数応答 名古屋工業大学
米谷昭彦氏
13:30~16:45 プロセス制御装置の設計と実際 三菱化学㈱
橋本祐樹氏
(注1)関数電卓を使用しますので必ずご持参ください. (注2)昼食時間の一部(12:30~12:50)を講師への質問時間としてご利用いただけます.

お申し込みについて

「第40回基礎化学工学演習講座 第2コース1日単位でのお申し込み」へのお申し込み受付は「2016年7月6日」に締め切らせて頂きました。

たくさんのお申し込みありがとうございました。

↑ページの先頭へ